Archive for the ‘未分類’ Category

東京都葛飾区で刑事事件 暴行事件の違法な取調べに弁護士が対応

2018-04-18

東京都葛飾区で刑事事件 暴行事件の違法な取調べに弁護士が対応

東京都葛飾区に住むAさんは,Vさんに対する暴行事件について葛飾警察署で警察官から任意で取調べを受けていました。
その折,Aさんは予定が入っていたことから「続きは後日にしてくれませんか」と警察官に申し出ました。
しかし,警察官はこれを聞き入れないどころか複数人でAさんを取り囲み,その後5時間に渡って取調べを継続しました。
そして,取調べ開始から7時間後,監視カメラによりAさんがVさんを暴行する様子が確認されたことから,Aさんは暴行容疑で逮捕されました。
(上記事例はフィクションです)

【取調べと逮捕の境界線】

刑事事件の被疑者であっても,逮捕勾留されていない限り取調べを拒否し,または出頭後いつでも退去することができます。
取調べは,強制力を用いる逮捕や捜索などと異なり,あくまで被疑者の任意に基づいて行われるという建前があるためです。
ただ,残念なことに,実務上必ずしもそのように運用されているとは言い切れません。
捜査機関が取調べと称して被疑者を長時間拘束し,実質的に逮捕と同様の身体拘束を行うことは少なからずあります。
しかし,捜査機関が逮捕をするには,裁判官から逮捕状の発付の許可を受けなければなりません。
更に,警察官は逮捕後48時間以内に被疑者を検察官に送致し,検察官は24時間以内に勾留や起訴をするかどうかを決めなければなりません。
このように,逮捕には厳格な手続が伴うことから,捜査機関は任意の取調べに仮託して実質的には逮捕と同様の捜査を行うことがあるそうです。

上記事例において,Aさんは7時間という長時間に渡って取調べを強要されています。
このような取調べは,実質的に逮捕と同視できる可能性があります。
そして,そのようにして逮捕の時間が前倒しになると,先述した勾留や起訴までの時間制限にも影響が出てきます。
そうなってくると,Aさんは釈放される可能性も出てきますが,ただAさんのみが取調べの違法性を申し立ててもこれが捜査機関に聞き入れられることは難しいでしょう。
上記のような場合には,やはり弁護士が被疑者から事情を聞いたうえで適切な申し立てをすることが必要です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では,常に捜査機関の捜査活動に目を光らせる弁護士がもれなく揃っています。
暴行事件で違法な取調べ逮捕を受けたのではないかとお悩みの方は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所へご相談ください。
葛飾警察署 初回接見費用:3万8500円

(弁護士)東大阪市の逮捕監禁致傷事件で早期釈放活動なら

2018-04-15

(弁護士)東大阪市の逮捕監禁致傷事件で早期釈放活動なら

大阪府東大阪市在住のAさん(50代男性)は、自分の子供を自宅で監禁状態にして長期間の身体拘束を行い、身体拘束の過程で手首や脚部などに傷害を負わせたとして、監禁致傷罪の容疑で、大阪府枚岡警察署逮捕された。
Aさん逮捕の知らせを聞いたAさんの両親は、警察官の厳しい取調べに対する対応や、早期釈放のための弁護活動を依頼するために、刑事事件に強い弁護士に、弁護士接見(面会)を依頼した。
(フィクションです)

~逮捕監禁致傷罪による刑事処罰とは~

逮捕行為監禁行為をした者は、「3月以上7年以下の懲役」という法定刑で刑罰を受けます。
逮捕行為監禁行為も、人の移動の自由を奪うという点で共通しているところ、「逮捕」は身体を直接的に拘束した場合に当たり、「監禁」は一定の場所からの脱出を不可能または著しく困難にした場合に当たります。

他方で、逮捕行為や監禁行為を行った際に、その被害者を傷害したり死亡させた場合には、「逮捕監禁致死傷罪」が成立し、さらに罪が重くなります。
逮捕監禁致傷罪」を犯した者は「3月以上15年以下の懲役」という範囲で刑事処罰を受け、「逮捕監禁致死罪」では「3年以上の有期懲役」となります。

・刑法 221条(逮捕等致死傷
「前条の罪を犯し、よって人を死傷させた者は、傷害の罪と比較して、重い刑により処断する。」

逮捕監禁致傷事件で刑事弁護の依頼を受けた弁護士は、逮捕監禁時の犯行態様等を証拠や供述から精査し、悪質性の少なさや、本人の反省している事情を主張していくことになるでしょう。
また、監禁被害者との示談交渉弁護士が進めることなどを通じて、早期釈放や刑事処罰の軽減に向けた弁護活動を行うことが考えられます。

大阪府東大阪市の逮捕監禁致傷事件でお困りの方は、刑事事件を専門に扱っている、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の評判のいい弁護士にご相談ください。
大阪府枚岡警察署初回接見費用:38,700円

逮捕が不安なら弁護士へ!名古屋市の器物損壊事件で任意同行

2018-04-14

逮捕が不安なら弁護士へ!名古屋市の器物損壊事件で任意同行

名古屋市名東区に住むAさんは,嫌なことがあって苛立っていたことから隣人のVさんが大切にしている盆栽を故意に壊してしまいました。
Aさんは我に返りましたが,誰も目撃者がいなかったことに安堵して急いでその場を離れました。
後日,名東警察署の警察官が「お宅の隣家で起こった器物損壊事件のことでお話を伺いたい」とAさんに任意同行を求めました。
これに対して仕事が忙しいからと断ったAさんでしたが,逮捕を懸念し刑事事件専門の弁護士に相談することにしました。
(上記事例はフィクションです)

【逮捕と任意同行の違い】

警察や検察といった捜査機関は,全ての事件において被疑者を逮捕するわけではありません。
たとえある程度の疑いがもたれていても,まずは任意同行というかたちで被疑者から事件についての話を伺おうとすることはしばしばあります。
逮捕とそれに続く勾留を行う主な目的は被疑者の身柄確保と証拠隠滅の防止です。
ですから,捜査機関から見て被疑者の逃亡や証拠隠滅のおそれがない場合には逮捕してまで捜査する必要はないとされ,任意同行の上事情聴取を行うなどして対応します。

警察官から任意同行の申出を受けた場合に進んでこれを受けることは,捜査に協力的な姿勢を見せているとして捜査機関に良い印象を与えます。
たとえ罪を犯してしまっても,自分が逃亡したり証拠を隠滅したりするおそれがないことをきちんとアピールすれば逮捕を回避できる可能性はあります。
逆に任意同行の申出を何度も断っていると,捜査機関により逮捕の必要ありと判断されて逮捕される可能性が非常に高いです。
逮捕されてしまうと続いて10日から20日拘束される勾留に至ることがままあるので,極力逮捕は避けたいところです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では,逮捕勾留されている場合だけでなく逮捕されないか心配という段階でもご相談いただけます。
逮捕・勾留の有無を問わず,状況に応じた適切な対応をお伝えいたします。
器物損壊事件で逮捕されないか不安な方は,遠慮なく弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所へご相談ください。
名東警察署 初回接見3万7100円

傷害致死事件で逮捕・勾留 三重県で執行猶予獲得なら弁護士

2018-04-13

傷害致死事件で逮捕・勾留 三重県で執行猶予獲得なら弁護士

Aは、三重県桑名市の飲食店で飲食後、路上においてVと口論になり、AはVからひどく罵声を浴びせられた。
Aはそれにカッとなって、持っていた鞄を振り上げてVを殴打したが、その結果、Vは路上に転倒し、頭を打ち付け死亡してしまった。
三重県桑名警察署はAを傷害致死罪の容疑で逮捕し、のちにAは勾留された。
Aの家族は、Aを刑務所に行かせず、執行猶予にすることはできないか、刑事事件専門の弁護士に相談した。
(本件はフィクションです。)

~傷害致死罪と量刑~

まず、本件Aの行為は「人の身体を傷害」するものといえ、刑法204条の傷害罪の構成要件に該当します。
さらに、Aはこの行為によってVを死亡させてしまっているため、「身体を傷害し、よって人を死亡させた者」として傷害致死罪(刑法205条)によって逮捕勾留されています。
傷害致死罪のような罪を結果的加重犯といい、本罪の成立には死亡結果に対する故意は必要なく、傷害の故意(あるいは暴行の故意)が存在すれば傷害致死罪は成立してしまいます。

事務上、傷害致死事件の量刑の判断にあたっては、加害者が行為を行った動機が量刑を左右する事情として重要であるといわれています。
したがって、弁護士としては、口論の際に被害者が人格を否定するような発言をし、これに憤激した加害者が行ったものであり、同情の余地がある等といった量刑事情を主張することが考えられます。
また、傷害致死事件では行為の客観的態様なども量刑を判断するにあたって重要な事情となります。
この点に関し、加害者は鞄でVを殴打したものの、この行為自体は死の結果をもたらすほど危険性は高くない等の事情も検討に値するでしょう。

このように刑事事件の弁護活動にあたっては、刑事事件専門の弁護士による経験と知識が不可欠です。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の弁護士のみが所属する法律事務所です。
傷害致死事件逮捕勾留された方のご家族は、フリーダイヤル(0120-631-881)までお電話ください。
三重県桑名警察署までの初回接見費用:4万500円

東京都昭島市の刑事事件 強制性交等罪の逮捕は刑事専門弁護士へ

2018-04-12

東京都昭島市の刑事事件 強制性交等罪の逮捕は刑事専門弁護士へ

東京都昭島市に住むAさんは交際中だったVさんと別れ話になり,Vさんが散々反対したものの結局Vさんとの交際を解消することになりました。
その数か月後,Aさんの元を昭島警察署の警察官が訪ねてきて逮捕状を呈示の上Aさんを逮捕しました。
警察官から罪状などを聞くに,Aさんには強制性交等罪の疑いがかけられているとのことでした。
もしかしたらVさんから告訴を受けたのではないかと考えたAさんは,刑事事件専門弁護士に刑事弁護を依頼することにしました。
(上記事例はフィクションです)

【強制性交罪について】

平成29年に改正刑法が施行され,かつて強姦罪という名称だった刑法177条は強制性交等罪という名称に変更されました。
強制性交等罪(強姦罪)の構成要件は暴行や脅迫を用いて13歳以上の者と同意なしに性交渉をすることで,典型例としてはいわゆるレイプが挙げられます。

強制性交事件において頻繁に問題になるのは,被害者との同意があったかどうかという点です。
同意の有無により強制性交等罪の成否が分かれるため,裁判においても被告人と被害者の関係や行為当時の状況などから同意の有無が争点となることも多いです。
上記事例では,Vさんが交際中の性交渉について同意がなかったとして告訴していることが考えられます。
このような場合に,Vさんの同意があったとAさん本人が主張するだけでは,警察をはじめとする捜査機関にはまともに聞き入れてもらえないことも多いです。
同意があったか否かは,内心の問題であるため,証明することが容易ではないのです。
そのため,同意があったことにより強制性交等罪とならないことを証明するには,弁護士による真摯な弁護活動が力強い手助けとなります。
今回の場合であれば,弁護士が事件当時の状況や証拠を精査し,Aさん側の事情を捜査機関や裁判所に主張していくことになるでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では,強制性交等事件をはじめとする数多くの性犯罪事件を解決してきた実績があります。
強制性交等罪の疑いにより逮捕されてしまった際には,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にお電話ください(0120-631-881)。
昭島警察署 初回接見費用:3万7900円

正当防衛と過剰防衛の境界線を刑事弁護士に相談~大阪市生野区の暴行事件

2018-04-11

正当防衛と過剰防衛の境界線を刑事弁護士に相談~大阪市生野区の暴行事件

Aさんは、大阪市生野区の繁華街を歩いていたところ、Vさんに因縁を付けられ、急に左手を捕まれねじ上げられた。
身の危険を感じたAさんは、右手で相手の胸のあたりを押したところ、Vさんは転倒し、近くのコンクリートブロックに頭をぶつけ、全治1か月の重傷を負った。
Aさんは、自分が暴行罪傷害罪といった罪に問われるのではと怖くなり、刑事事件に強い弁護士に相談した。
(このストーリーはフィクションです)

~正当防衛の相当性~

正当防衛については、刑法第36条1項で「急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため、やむを得ずにした行為は罰しない」と規定されている、違法性阻却事由の一つです。
一方で、防衛の限度を超えた行為については過剰防衛として処罰の対象になる可能性があります。(第36条2項)
今回のケースでは、Aさんは無傷なのに対しVさんは重傷を負っており、「防衛の限度」を超えているようにも思えるため、問題となります。

この点、正当防衛過剰防衛かの判断基準は、侵害の危険を回避するためにとった防衛行為が、防衛のため必要最小限度のものであったといえるかうか(相当性)であり、防衛行為によって生じた結果(怪我の程度など)ではないと考えられています。
つまり、相手が素手で殴ってきのに包丁で反撃した場合、例え相手が軽傷であったとしても過剰防衛だと判断される可能性があります。

今回のケースでは、結果としてVさんは転倒して重傷を負っていますが、Aさんの防衛行為としては右手でVさんの胸のあたりを押しただけですので、正当防衛として認められる可能性が高いです。

上記のケースのように、自分の身を守るためにした行為で、逆に相手から告訴された場合、正当防衛が認められるか判断が難しいケースがよくあります。
そのため、正当防衛のつもりが逆に傷害や暴行の容疑をかけられてしまったといった場合、出来るだけ早く弁護士に相談し、被疑者・被告人にとって有利な事情を的確に主張していくことが大切です。
正当防衛のつもりが暴行罪傷害罪に問われてお困りの方は、刑事事件に強い弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談下さい。
大阪府生野警察署の初回接見費用 36,700円

(強盗罪で逮捕)福岡県朝倉市で暴行罪・窃盗罪を主張するなら弁護士

2018-04-10

(強盗罪で逮捕)福岡県朝倉市で暴行罪・窃盗罪を主張するなら弁護士

福岡県朝倉市在住のAは、日頃からVの態度に不満を持っており、謝罪を強要させるためにVに暴行を加えVを土下座させた。
そしてAは、Vが土下座している隙に、Vのカバンから財布を奪った。
その後、Vの被害届の提出を受け、福岡県朝倉警察署は、Aを強盗罪の疑いで逮捕したが、Aは今回の自分の行いが強盗にあたるのか疑問に思っている。
Aの家族は、刑事事件専門の弁護士に相談することにした。
(本件はフィクションです。)

強盗罪(刑法236条)とは、暴行・脅迫によって相手方の反抗を抑圧して財物を奪取するという犯罪です。
したがって、強盗罪が成立するためには、暴行・脅迫が財物奪取の目的のために行われることが必要になります。
本件でAは、強盗罪の容疑で逮捕されていますが、暴行・脅迫が財物奪取の意思とは無関係に行われた場合には、強盗罪は成立しないことになります。
たとえば、AがVに暴行し土下座をさせた後に、財物奪取の意思を生じた場合には、暴行・脅迫の目的が財物奪取ではない=強盗罪は成立しないことから、暴行罪窃盗罪が成立するにとどまり、「5年以上の有期懲役」という刑罰を規定する強盗罪とは量刑上大きな違いが生じるのです。
本件でそのような状況であったとするなら、弁護士としては、Aの「暴行」(236条)は財物奪取の意思とは無関係に行われたのであり、暴行罪および窃盗罪の成立にとどまるとの主張することが考えられるでしょう。

もっとも、財物奪取を目的とせずに暴行・脅迫を加えた後に財物奪取の意思を生じ、Vの財物を奪取した場合は、奪取の意思が生じた後に改めて相手方の反抗を抑圧する暴行・脅迫がなされれば、強盗罪が成立するとされています。
したがって弁護士としては、暴行罪窃盗罪の成立にとどまるとの主張をするために、さらなる暴行が加えられていないことの主張も検討に値するでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、強盗事件を含む刑事事件を専門に取り扱う法律事務所です。
強盗罪が成立するのか否かは、刑罰に大きく影響する重要な部分ですから、強盗罪で疑われていることに疑問や不安がある場合、まずは専門家である弁護士に相談してみてください。
フリーダイヤル(0120-631-881)では、いつでも無料法律相談初回接見サービスの申込を受け付けております。
福岡県朝倉警察署までの初回接見費用:41,800円

警察へ脅迫メールで公務執行妨害罪 観念的競合について弁護士に相談

2018-04-09

警察へ脅迫メールで公務執行妨害罪 観念的競合について弁護士に相談

東京都練馬区に住むAさんは、面白半分で警視庁光が丘警察署に、「光が丘警察署に爆弾を仕掛けた」と脅迫メールを送った。
警視庁光が丘警察署は、多数の警察官を動員して署内を捜索したが、爆弾は見つからなかった。
その後、捜査により、Aさんは公務執行妨害罪の容疑で逮捕された。
~このストーリーはフィクションです~

科刑上一罪~観念的競合~

上記のケースでは、Aさんは「爆弾を仕掛けた」と脅迫メールを送ることによって、警察官の公務を妨害しています。
脅迫メールを送る行為は脅迫罪にあたりそうですし、それによって公務が妨害されていますから、公務執行妨害罪にも該当しそうです。
このように、1つの行為が2つ以上の犯罪に当たる場合、それぞれの犯罪は観念的競合の関係にあるとされます。
観念的競合の場合、結果として引き起こされた犯罪は複数だったとしても、科刑上は1つの罪とされ、量刑は重い罪のみが適用されるため、今回のケースでは、公務執行妨害罪の量刑(3年以下の懲役または禁錮もしくは」50万円以下の罰金)をもとに判断されることになります。

他にも観念的競合として扱われやすいケースとしては、職務質問中に警察官を殴った場合{暴行罪と公務執行妨害罪の観念的競合(この場合は公務執行妨害罪の3年以下の懲役若しくは50万円以下の罰金)}や、ブランド鞄メーカーの許諾を得ることなく、自ら製作した鞄に登録商標を刻印したエンブレムを付して販売した場合{詐欺罪と商標権侵害罪(この場合は商標権侵害罪の10年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金又はその併科)}などがあります。

複数の罪に問われる場合、どのくらいの量刑になる可能性があるのか、または観念的競合のように科刑上一罪として扱われるのかどうかといった量刑上の判断は、事件の態様によっても変化しますので、1度刑事事件の経験豊富な弁護士に相談することをお勧めします。
刑事事件の量刑でお悩みの方は、刑事事件専門の弁護士法人あいち刑事事件法律事務所の弁護士にご相談ください。 
警視庁光が丘警察署初回接見費用 36,800円

事後強盗未遂事件で逮捕 早期の接見は刑事事件専門の弁護士へ

2018-04-08

事後強盗未遂事件で逮捕 早期の接見は刑事事件専門の弁護士へ

Aは、金目の物を盗むべく、大阪府河内長野市にある閉店後の飲食店に侵入し、レジ等を物色していた。
しかし、同店の店主Vに見つかったことから、Aは逮捕を免れるためにVを突き飛ばし逃走した。
大阪府河内長野警察署は、Aを事後強盗未遂罪の容疑で逮捕した。
Aの家族は、Aが逮捕されたことを知り、刑事事件専門の弁護士に相談した。
(本件はフィクションです。)

~事後強盗事件での逮捕と弁護士による早期の接見~

本件で、Aは、事後強盗未遂罪の容疑で逮捕されています(本件では住居侵入罪も別途問題になりますが、事後強盗に絞って解説します)。
事後強盗罪とは、いかなる場合に成立する犯罪なのでしょうか。

刑法238条は、「窃盗が、財物を得てこれを取り返されることを防ぎ、逮捕を免れ、又は罪跡を隠滅するために、暴行又は脅迫をしたときは、強盗として論ずる」と事後強盗罪を規定しています。
本件で、Aの窃盗行為は未遂に終わっていますが、この際に逮捕を免れるためにVに暴行を加えているため、同条により事後強盗罪が問われることになります。
もっとも、事後強盗罪が既遂に達したかどうかは、窃盗行為が既遂に達したかどうかによって判断されます。
本件では、Aは店内を物色したにとどまり、何ら金員等を窃取するに至っていないため、刑法243条により事後強盗未遂が成立するにとどまると考えられます。

ここで逮捕された方にとって重要になってくるのが、弁護士による早期の接見です。
逮捕された場合、弁護士接見するまでは、誰も味方がいない状態で警察官や検察官などの取調べを受けることになります。
弁護士が接見することは、逮捕された方の権利擁護のためだけではなく、自分にとっての味方が存在するという大きな安心感を得るためにも重要なものといえるのです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の法律事務所であり、刑事事件のプロフェッショナルである弁護士が多数所属しています。
事後強盗未遂事件で逮捕された方のご家族は、フリーダイヤル(0120-631-881)に今すぐお問い合わせください。
刑事事件専門の弁護士が、初回接見サービスにより早急に逮捕された方との面会に臨みます。
大阪府河内長野警察署までの初回接見費用:40,800円

名誉毀損事件で書類送検 示談で不起訴獲得は刑事事件専門の弁護士

2018-04-07

名誉毀損事件で書類送検 示談で不起訴獲得は刑事事件専門の弁護士

Aはインターネットのホームページ上で、愛知県刈谷市にある病院Vが医療事故を起こしたとの虚偽の情報を発信し、不特定かつ多数の者が閲覧できる状態に置いた。
Vによる告訴を受けて、愛知県刈谷警察署は、Aを名誉毀損罪の容疑で書類送検した。
Aは、不起訴処分を得るために、名誉棄損事件に強い刑事事件専門の弁護士に相談することにした。
(本件はフィクションです。)

~親告罪と告訴の取り消し~

刑法230条1項は、「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する」と名誉毀損罪を規定しており、Aは本罪によって書類送検されています。

名誉毀損罪の特色の一つとして、本罪が親告罪であることが挙げられます。
刑法は、232条によって名誉毀損罪を親告罪であると規定しています。
親告罪とは、同条が規定するように「告訴がなければ公訴を提起することができない」犯罪類型のことをいいます。
したがって、名誉毀損罪で処罰するにあたっては、本件のようにまずは被害者による告訴が必要になってくるのです。

そこで弁護士としては、被害者との示談を成立させ、告訴の取り消しをしてもらうことが考えられます。
この際には、被害者と示談を締結して告訴取消書を作成し、捜査機関に提出するなどして確実に不起訴を得るための弁護活動を行うことなどが考えられるでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、示談の交渉等に強い刑事事件専門の弁護士を擁する法律事務所です。
名誉毀損事件で書類送検された方およびそのご家族は、フリーダイヤル(0120-631-881)まで今すぐにお問い合わせください。
名誉毀損事件の不起訴獲得経験の豊富な弁護士が、依頼者様のための弁護活動に尽力いたします。
愛知県刈谷警察署までの初回接見費用:38,100円

« Older Entries