Archive for the ‘未分類’ Category

懲役刑・刑務所回避に強い弁護士が対応~福岡県嘉麻市の傷害事件で逮捕にも

2017-06-24

懲役刑・刑務所回避に強い弁護士が対応~福岡県嘉麻市の傷害事件で逮捕にも

福岡県嘉麻市に住む会社員のAさんは、友人と喧嘩になった際に、友人の顔を数発殴ってしまいました。
被害者の友人は、被害届を福岡県嘉麻警察署に提出し、この被害届を基に捜査を行った福岡県嘉麻警察署の警察官は、Aさんを傷害罪の容疑で逮捕しました。
Aさんの家族は、Aさんが懲役刑に処され、刑務所に行くようなことになるのではないかと不安になり、刑事事件を専門に扱っている弁護士に相談しました。
(この話は、フィクションです。)

~懲役刑~

ニュースや新聞で「懲役」という言葉をよく耳にすると思います。
アメリカなどでは懲役100年というような判決を言い渡されることがあります。
では、日本でも100年という懲役刑を言い渡すことができるのでしょうか。

日本では有期懲役の上限が法律で定められているため、その上限を超える期間の懲役刑を言い渡すことはできません。
刑法は、無期懲役と有期懲役の2つを規定しています。
有期懲役の上限は、原則20年と規定されていますが、複数の犯罪を犯した場合は、例外として上限が30年になる場合もあります。
また、懲役刑は、所定の作業をすることを義務付けられる点で、禁錮刑と区別されます。

懲役刑を言い渡されてすぐに刑務所に入らなければならない実刑判決を回避するためには、早急かつ的確な弁護活動をすることが求められます。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件と少年事件を専門に扱う事務所ですので、傷害事件についての経験と知識を豊富に有しています。
傷害事件をはじめとする刑事事件について、何かお困りのことがございましたら、お気軽に、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談ください。
刑事事件を専門に扱う弁護士が、丁寧に対応いたします。
初回無料法律相談のご予約や、福岡県嘉麻警察署までの初回接見費用のお問い合わせなどは、0120-631-881までお電話ください。
24時間いつでも専門スタッフが受け付けております。

居直り強盗事件で逮捕なら即相談!三重県いなべ市にも対応の弁護士

2017-06-23

居直り強盗事件で逮捕なら即相談!三重県いなべ市にも対応の弁護士

Aさんは、三重県いなべ市の住宅に空き巣に入ったものの、金品を物色中に家主が帰宅したため、家主をナイフで脅して金品を奪い、逃走しました。
後日、Aさんは、提出された被害届から捜査を開始した三重県いなべ警察署の警察官に、強盗罪の容疑で逮捕されました。
空き巣に入っただけなのに大事になってしまったと思ったAさんは、刑事事件専門の法律事務所の弁護士に相談することにしました。
(フィクションです)

~居直り強盗とは~

強盗というと、店員にナイフを突きつけて金員を要求するようなコンビニ強盗等がイメージされますが、事例のAさんのように、窃盗犯が後から暴行・脅迫を加えた場合でも、強盗罪が成立する可能性があります。
Aさんの行った強盗は、いわゆる居直り強盗と呼ばれるもので、空き巣などが現場を見られた際に開き直って強盗を行うことをさします。

窃盗罪の法定刑は10年以下の罰金または50万円以下の罰金ですが、対して強盗罪は、5年以上の有期懲役です。
執行猶予は3年以下の懲役刑につけられますから、強盗罪では原則的に執行猶予がつくこともありません。
このようなことからも、強盗罪はかなり重い犯罪と言えます。
強盗罪逮捕されてしまったら、速やかに弁護士から取調べの受け方についてアドバイスを受けてください。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、多数の刑事事件を取り扱っており、逮捕直後の段階から関わる事件も多いです。
弊所の刑事事件専門弁護士は、被疑者の方にとって、どのようなアドバイスが警察・検察からの取調べを受ける上で重要であるかを熟知しています。
強盗罪逮捕されてしまった方は、すぐに弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談ください。
初回無料法律相談のご予約や、初回接見サービスのお申し込みは、フリーダイヤル0120-631-881まで、お電話ください。
三重県いなべ警察署までの初回接見費用:4万3,900円

保釈請求なら!東京都昭島市の放火事件で逮捕・起訴に強い弁護士

2017-06-22

保釈請求なら!東京都昭島市の放火事件で逮捕・起訴に強い弁護士

Aさんは、東京都昭島市内において、Vさんが所有する農機具小屋を燃やそうと思い火を点けたところ、通行人に目撃され、駆け付けた警視庁昭島警察署の警察官に逮捕されました。
幸いにも火は通行人に消化され、農機具小屋が焼損されるには至りませんでしたが、Aさんは逮捕後、勾留による長期の身柄拘束が決まり、その間取調べを受けることとなりました。
そして、Aさんは、非現住建造物放火罪起訴されることとなりましたが、選任した刑事事件専門の弁護士に対し、長期の身柄拘束に耐え切れないので、保釈などの身柄解放のための弁護活動をとってもらうことにしました。
(フィクションです。)

~非現住建造物放火罪~

Aさんは今回、非現住建造物放火罪起訴されてしまいました。
非現住建造物放火罪は、刑法109条1項に定めのある犯罪で、現に人が存在せず、住居として使われていない建造物などに放火した際に成立する犯罪です。
非現住建造物放火罪の法定刑は、2年以上の有期懲役とされています。

~保釈~

日本の刑事制度においては、起訴後について、保釈という身柄解放手段が認められています。
保釈とは、保釈保証金(いわゆる保釈金)の納付を条件として、住居等の制限のもとに被告人の身体拘束を解くという釈放制度のことをいいます。
保釈請求は、起訴後に保釈請求書を裁判所に提出するかたちで行われます。
保釈が認められた場合、保釈保証金を納付すると、おおよそ数時間後には被告人が釈放されることになります。
被告人の身柄を解放することで、今後の裁判での公判活動について具体的な打ち合わせをしたりすることができるようになるため、保釈がなされることは、来たる刑事裁判に向けても重要なことです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件専門弁護士です。
起訴された事件についての保釈請求などにお困りの方も、一度弊所の弁護士まで、ご相談ください。
警視庁昭島警察署までの初回接見費用のご案内は、0120-631-881まで、お問い合わせください。

量刑について弁護士に相談!福岡市早良区の強盗未遂事件で逮捕・起訴なら

2017-06-20

量刑について弁護士に相談!福岡市早良区の強盗未遂事件で逮捕・起訴なら

68歳のAさんは、福岡市早良区内のコンビニ店Vに包丁を持って強盗に押し入ったとの容疑で、福岡県早良警察署逮捕されました。
Vの店員にけがはなく、また、通報が早かったため、金銭的な被害もありませんでした。
Aさんは、高齢を理由に釈放を許されましたが、担当の刑事からは取調べのために出頭要請をすると告げられてしまいました。
また、今回は強盗未遂罪として起訴されると思うとも告げられ、不安に思ったAさんは、刑事事件を専門とする法律事務所に行き、弁護士に相談をすることにしました。
(フィクションです。)

~強盗罪~

強盗罪は、暴行又は脅迫を用いて他人の財物を強取した場合に成立し、5年以上の有期懲役との法定刑が定められています。
強盗罪にいう「暴行」とは、被害者の反抗を抑圧するに足りる程度の身体に向けられた不法な有形力の行使をいいます。
典型的には、けん銃やナイフを突きつけて脅迫する場合が挙げられます。
上記事例のAさんは、強盗を成し遂げる前に警察によって逮捕されているようなので、強盗未遂罪にあたると考えられます。

そして、今回、Aさんは、強盗未遂罪起訴されてしまいそうです。
強盗罪で起訴された場合には、前科がない初犯であったとしても実刑判決となる可能性があります。
犯行態様や経緯、動機に酌むべき事情があれば、それを裁判で主張・立証することで、減刑などを目指すことができます。
また、Aさんの場合は、高齢であることを量刑上で考慮すべきことを主張することもできるかもしれません。
このような弁護活動は、刑事事件を専門とする弁護士にご依頼されることをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件専門弁護士であり、公判活動についての刑事弁護活動も多数承っております。
強盗事件量刑事情についてお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談ください。
福岡県早良警察署までの初回接見費用については、0120-631-881まで、お問い合わせください。

東京都板橋区の銃刀法違反事件の公判も対応!刑事事件に強い弁護士

2017-06-19

東京都板橋区の銃刀法違反事件の公判も対応!刑事事件に強い弁護士

東京都板橋区に住んでいるAさんは、モデルガンを加工した改造拳銃を複数所持していたとして、複数けん銃所持との銃刀法違反の容疑により、警視庁志村警察署逮捕されました。
取調べによれば、Aさんは輸入した複数のモデルガンの銃身を加工し、銃弾を発射できるようにしており、また殺傷能力を有しているとの鑑定の結果も出ているようです。
Aさんが逮捕されたことを知ったAさんの両親は、刑事事件を専門とする法律事務所の弁護士に事件の相談をすることにしました。
(フィクションです。)

~銃刀法違反事件~

銃刀法とは、銃砲刀剣類所持等取締法の略称で、銃砲や刀剣類等の所持、使用等に関する危害予防上の必要な規制についてを定めています。
このうち「銃砲」とは、けん銃、小銃、機関銃、砲、猟銃その他金属製弾丸を発射する機能を有する装薬銃砲及び空気銃をいいます。
個人で銃や刀などを所持していた場合、銃刀法違反として処罰される場合があります。
例えば、個人でけん銃を単純所持していた場合には1年以上10年以下の懲役との法定刑が、複数所持していた場合には1年以上15年以下の懲役との法定刑が定められています。
今回の事例でAさんは、けん銃の複数所持との銃刀法違反により逮捕されていますので、このうちの後者の罪に当たります。

銃刀法違反事件では、違反態様が軽微であれば、起訴されたとしても罰金処分でとどまることがほとんどです。
しかし、今回の事件のように、殺傷能力のあるけん銃を複数所持しているとなると、公判請求される可能性があります。
公判請求されて裁判になった場合には、特に刑事事件に強い弁護士による弁護活動が必要になるものと思われます。
例えば、犯行の動機が突発的なものであることや、再犯防止のための具体的な方法を示すなど、事件の全体像を指摘しつつ、被告人に有利な事情を立証していくことで刑の減軽を求めていく活動が想定されます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件専門弁護士であり、公判においての刑事弁護活動も多数承っております。
銃刀法違反事件でお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
0120-631-881では、警視庁志村警察署までの初回接見費用のご案内も行っております。

東京都世田谷区で喧嘩の参考人で呼ばれたら…暴行・傷害事件に強い弁護士へ

2017-06-18

東京都世田谷区で喧嘩の参考人で呼ばれたら…暴行・傷害事件に強い弁護士へ

ある日、東京都世田谷区に住む大学生3年生のAさんたちは、空手サークルの仲間で花火大会を観に行っていました。
その帰り道、ちょっとした口論から、Aさんたちは、高校生のVさんと喧嘩になりました。
Aさんたちの中には、お酒を飲んでいたこともあってか、Vさんたち高校生が怪我を負うほどの暴行を行った者もいました。
後日、Aさんは、警視庁北沢警察署の警察官に、「花火大会の件で話を聞かせてほしい」と、警視庁北沢警察署に出頭するよう要請されました。
Aさんは、出頭要請にどのように対応すればよいか、今後の捜査はどうなるか不安になり、刑事事件に強くて評判の弁護士へ相談することにしました。
(フィクションです)

~参考人とは?~

いわゆる喧嘩などの暴行傷害事件において、暴行・傷害の被害者や目撃者などは、参考人として取調べを受けることがあります。
新聞やニュースなどでは、事情聴取と呼ばれることもあります。
また、犯罪の嫌疑が、被疑者と判断できる程度に達していない場合には、重要参考人として取調べを受けることがあります。

被疑者取調べと参考人取調べの双方とも、供述を調書に録取します。
つまり、証拠とするために供出内容を書類にする点は、被疑者であっても参考人であっても同じです。
しかし、被疑者取調べの際は、取調べ前に、供述拒否権の告知が必要であると定められていますが、参考人取調べの場合、供述拒否権の告知が必要とは定められていません。
供述拒否権の告知とは、捜査機関が被疑者に対し、取調べる前に、自己の意思に反して供述する必要がない旨を告げることです。
被疑者の場合、供述拒否権などは、侵害されやすい権利であることから、保護するための法が整備されていますが、参考人には保護の対処になっていません。
捜査の状況によっては、当初は被疑者ではなく、重要参考人として取調べを受け、途中から被疑者に切り替わる可能性も十分あります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件を専門とする事務所です。
刑事手続に精通した弁護士が多数在籍しております。
重要参考人の取調べ対応についてのご相談についても、お待ちしております。
暴行傷害事件でお困りの方は、まずは弊所までご相談ください。
初回無料法律相談のご予約や、警視庁北沢警察署までの初回接見費用のお問い合わせは、0120-631-881でいつでも行っております。

(勾留阻止ならまず相談)福岡県北九州市の暴力行為処罰法違反事件にも弁護士

2017-06-17

(勾留阻止ならまず相談)福岡県北九州市の暴力行為処罰法違反事件にも弁護士

Aさん(福岡県北九州市在住)は、仕事帰りにコンビニでお酒を買い、呑みながら繁華街を歩いていました。
その途中、Vさんと腕がぶつかり、Vさんから「バカヤロウ!」と怒鳴られたことに憤慨し、仕事用のベルトに差していた刃体25センチのナイフをVさんにチラつかせ、「お前が悪いんだろ!怖いか!」などと言って脅迫しました。
通行人の通報によってAさんは、福岡県八幡東警察署の警察官によって、暴力行為等の処罰に関する法律違反の容疑で逮捕され、その後勾留されてしまいました。
(フィクションです)

~暴力行為処罰法~

ナイフや包丁など刃物を用いて、脅迫した場合、刑法222条の脅迫罪ではなく、暴力行為等の処罰に関する法律(いわゆる「暴力行為処罰法」)」違反という罪に問われる場合があります。
暴力行為処罰法は、未遂犯でも処罰される犯罪であることから、犯罪としてはよく扱われる部類といえます。

いわゆる喧嘩に伴う逮捕は、突発的に生じることが多いため、被疑者自身も驚く状況に陥ってしまうことも多いです。
逮捕・勾留による身柄拘束が長期化すると、仕事や学校など、社会生活に大きな影響を与え、解雇や退学へつながる可能性も高くなります。

被疑者が逮捕された場合、取調べなど捜査後、警察官が身柄を拘束したまま検察官へ送致する必要がないと判断すれば、被疑者は釈放され、在宅事件として捜査が進みます。
他方、身柄を拘束する必要があると判断された場合、被疑者は、逮捕から48時間以内には検察官へ送致されます。
警察官から被疑者の送致をうけた検察官は、24時間以内に、裁判官に被疑者の勾留の請求を行うか、被疑者を釈放しなければなりません。

身柄を解放する弁護活動の重要なタイミングは、2つあります。
検察官が裁判官へ勾留の請求を行うか否かの判断をするタイミングと、検察官から勾留の請求を受けた裁判官が、その勾留請求を認めるか認めないかの判断をするタイミングです。
勾留を回避し、より早い身柄解放を実現させるためには、少しでも早い時期から弁護活動を行うことが重要です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、365日24時間、相談予約を受け付けている刑事事件専門の法律事務所です。
また、弁護士が警察署の留置施設や拘置所まで、被告人へ接見(面会)に駆けつける、初回接見サービスを行っております。
暴力事件暴力行為等の処罰に関する法律違反事件も多く取り扱っている弊所の弁護士に、まずはご相談ください。
福岡県八幡東警察署までの初回接見費用については、お電話にてお問い合わせください。

刑事事件専門の弁護士所属!岐阜県羽島市の未成年者略取事件で逮捕なら

2017-06-16

刑事事件専門の弁護士所属!岐阜県羽島市の未成年者略取事件で逮捕なら

岐阜県羽島市に住んでいるAさんは、別居中の元内縁の妻の自宅から、親権のない実子であるBさんを、車に乗せて自宅へ連れ帰りました。
Bさんがいなくなったことに気づいた元内縁の妻から岐阜県岐阜羽島警察署へ相談がなされ、その結果、Aさんは、岐阜県岐阜羽島警察署の警察官から、未成年者略取罪の疑いで逮捕されることとなりました。
(フィクションです)

~未成年者略取罪~

未成年者を勝手に生活の場から連れ出した場合、未成年者略取罪が成立する可能性があります。
この未成年者略取罪が成立すると、3月以上7年以下の懲役が科せられます。

たとえ自分と血の繋がった子どもであっても、その子どもの世話をしている人(監護者)の同意がなければ、この未成年者略取罪は成立します。
未成年者略取罪が成立するのに、未成年を略取する目的は問われません。
「別れた子どもにおいしいものを食べさせてやりたかった」や「元妻が子どもに全く会わせてくれなかった」という気持ちで子供を連れ出した場合にも、未成年者略取罪の容疑で突然逮捕されてしまうことも考えられない話ではないのです。
離婚後の面会交流(子どもと会うこと)がなかなかできず、子どもに会わせてほしいという家庭裁判所への申立てがここ10年間で倍増しています。
そして、子どもに会えないということが原因で、子どもを連れ出してしまい、未成年者略取逮捕されるケースも増えています。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、初回接見無料法律相談等を行っております。
刑事事件専門弁護士だからこそ、迅速な対応やアドバイスが可能です。
未成年者略取罪で逮捕されてお困りの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談ください。
岐阜県岐阜羽島警察署までの初回接見費用:3万9,400円

【弁護士が相談対応】立川市の決闘事件の逮捕で報道阻止なら

2017-06-15

【弁護士が相談対応】立川市の決闘事件の逮捕で報道阻止なら

21歳のAさんは、東京都立川市で、地元の人間が多く所属するグループに所属していましたが、対立グループとケンカをすることになったとき、立会人をすることになりました。
Aさんはケンカに参加せずに立会人をしていただけでしたが、警視庁立川警察署の警察官が駆け付けた際、ケンカをした者と一緒にAさんも逮捕されてしまいました。
立会人も逮捕されるとは考えていなかったAさんは、職場に逮捕が発覚するのではないかと不安になり、家族の依頼で接見にやってきた決闘罪と事件の報道を避ける弁護活動に強いという刑事事件専門の弁護士に相談することにしました。
(フィクションです)

~決闘罪~

今回、Aさんは決闘罪逮捕されています。
決闘罪で逮捕されると、実際に決闘をした人は2年以上5年以下の懲役、決闘立会人は1月以上1年以下の懲役に科せられる可能性があります。

決闘罪は、あまり聞きなれない犯罪だと思う方が大半でしょう。
決闘とは、2人以上が、事前に日時や場所等を取り決めて、暴力行為をすることです。
通常のケンカと異なり、決闘の申し入れに対して、決闘を受ける返事をした時点で成立します。
また、実際に暴行行為をしていない立会人や、決闘のために場所を提供した人には、決闘罪が成立します。

以前は、決闘罪はほとんど適用されることのない法律でしたが、近年では、暴力団同士のタイマンや、少年らによる集団でのケンカに決闘罪が適用され、逮捕者が出ています。
そのほか、中学生が「蹴り、武器なし」のようにルールを定めて、集団でケンカをしたケースでも、決闘罪で書類送検されています。

決闘罪は、実際の行為は暴行罪や傷害罪のようなありふれた犯罪とほとんど同じですが、珍しい犯罪であるため、大きく報道されてしまう可能性があります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、事件が公表される前に、検察や警察にかけあって、事件そのものや、名前の公表を避けるよう働きかける活動が可能です。
決闘罪逮捕されて、事件の公表・報道を避けたい方は、弊所の弁護士までご相談ください。
警視庁立川警察署までの初回接見費用については、お電話にてお問い合わせください。

大阪市の放火事件なら…裁判員裁判に強い刑事事件専門弁護士へ

2017-06-14

大阪市の放火事件なら…裁判員裁判に強い刑事事件専門弁護士へ

Aさんは、大阪市北区の住宅に火をつけていたところを、パトロール中であった大阪府大淀警察署の警察官に発見されました。
Aさんは、その場で、現住建造物等放火罪の容疑で現行犯逮捕されました。
その後、現済建造物等放火罪が裁判員裁判の対象事件であることを知ったAさんの家族は、裁判員裁判に強いという刑事事件専門弁護士に依頼することにしました。
(フィクションです)

~裁判員裁判~

現住建造物等放火罪は、死刑または無期もしくは5年以上の懲役が科される重罪で、裁判員裁判対象事件です。

裁判員裁判に参加する裁判員は、法律の専門家ではない一般人の中から選ばれるため、裁判員裁判では、一般の人にもわかりやすい、丁寧な法廷活動が求められます。
被告人側の事情について、裁判員の方々により分かりやすく説明する必要があるのです。

また、裁判員裁判は、参加する裁判員の負担を減らすため、集中審理という形式で行われます。
その集中審理を行うために、約1年間、公判前整理手続が行われます(もちろん期間は事件によります)。
公判前整理手続は裁判ではありませんが、このときにも弁護士は、裁判長に対して弁護士としての主張を訴えかけることになります。
そのため、裁判員裁判対象事件を扱う弁護士には、長い時間をかけて、丁寧な弁護活動を行うことが求められます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の法律事務所です。
刑事専門ならではの迅速かつ丁寧な対応で、裁判員裁判を受けることになってお困りの方のサポートを行います。
裁判員裁判についてお悩みの方は、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
大阪府大淀警察署までの初回接見費用:3万4,700円

« Older Entries