Archive for the ‘未分類’ Category

(弁護士に相談)東京都江戸川区の殺人事件 無理な自白と違法収集証拠

2018-02-22

(弁護士に相談)東京都江戸川区の殺人事件 無理な自白と違法収集証拠

東京都江戸川区在住のAさんは,Vさんを刺殺した殺人事件の被疑者として,警視庁葛西警察署に逮捕されました。
Aさんは警察官に取調室で殴る蹴るの暴行を加えられた結果,「Vさんを刺した包丁は,栃木県の山奥にある小屋のそばに埋めてある。」と自白してしまいました。
その場所を警察官が掘り返したところ,供述通り,Vさんの血痕のついた包丁が出てきました。
(フィクションです。)

【違法な自白から得た証拠】

Aさんは警察官に殴る蹴るの暴行を加えられたことから,自白するに至りました。
このような自白を警察官が調書として裁判所に提出しようとしても,このような自白は無理矢理言わされたことなので,本当のことを言っていない可能性があります。
嘘の自白によって誤った判決が下されることを防ぐために,無理矢理させられた自白は証拠として採用されません(刑事訴訟法319条1項)。
しかし,今回のように,その自白から得た証拠が決定的な証拠の場合,これを証拠として採用することができるのでしょうか。

この場合,殴る蹴るの暴行により自白させることは,警察官の重大な違法行為であるといえます。
また,このような自白から得た証拠を裁判から排除しないと,警察官が「自白が違法であっても,証拠さえ採れればいい」と思い,今回のような取調べを繰り返しかねませんから,証拠として排除するべきです。
したがって,今回の場合だと,Aさんの自白から得た証拠であるVさんの血痕付きの包丁は,いくら決定的証拠であっても,裁判において証拠として使えないことになります。

本件のような場合,早急に,刑事事件に強い弁護士にご依頼していくことで,無理矢理行われた自白から得た証拠を裁判から排除していくことができます。
そして,そもそもこのような自白をさせないように,弁護士が逮捕された方との初回接見等を通じて,警察官から不当な圧力をかけられないように対策していけるのも,刑事事件に強い弁護士の特徴です。
そのためには,素早い対応が必要になってきます。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,刑事事件を専門としている弁護士事務所で,いつでもお問い合わせを受け付けています。
まずは一度,弊所フリーダイヤル0120-631-881までお電話下さい。
葛西警察署 初回接見費用:3万8,100円

大阪市淀川区の脅迫事件で在宅捜査 刑事専門弁護士による刑事弁護

2018-02-21

大阪市淀川区の脅迫事件で在宅捜査 刑事専門弁護士による刑事弁護

大阪市淀川区に住むAは、元交際相手であるVの裸体の画像データを所持していたことを利用して、Vを脅迫した疑いで大阪府淀川警察署から出頭要請を受けた。
警察からは、素直に応じるなら逮捕はしないとの説明を電話で受けたが、Aは信じ切れず、このまま自分は逮捕されてしまうのか心配になった。
そこで、刑事事件を専門とする法律事務所を訪れ、弁護士に相談をすることにした。
(フィクションです。)

~脅迫事件~

脅迫罪は、生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した場合に成立する犯罪で、その法定刑は2年以下の懲役又は30万円以下の罰金です。
過去の事例を見てみると、脅迫及び名誉毀損事件の場合で、示談が成立し、求刑2年、量刑2年執行猶予3年となった事件が見られます。
ここでいう「脅迫」とは、他人を畏怖させるような害悪を加える旨を告知することをいいます。
現在、Aはこの脅迫罪が成立していないかとの疑いをかけられ、在宅捜査を要求されています。

もし、Aが脅迫の事実について認めているというのであれば、弁護士を介して被害者と早期の示談をすることが逮捕回避、ひいては不起訴処分の獲得を期待できることになります。
逆に、脅迫行為を行っていないとAが否認している場合には、弁護士を通じて、捜査機関の主張が十分な証拠に裏付けられていないことを指摘し、不起訴処分や無罪判決に持ち込む弁護活動を行うことが想定されます。
脅迫事件で在宅捜査を行われている場合、早期の段階で弁護士に相談し、具体的効果的な刑事弁護活動を行ってもらうことが重要となります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は刑事事件専門であり、在宅事件での刑事弁護活動も多数承っております。
脅迫事件等刑事事件の在宅捜査がなされ、刑事弁護でお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
大阪府淀川警察署への初回接見費用:35,800円

福岡県筑紫野市の威力業務妨害事件  勾留への迅速対応で評判の刑事弁護士

2018-02-20

福岡県筑紫野市の威力業務妨害事件  勾留への迅速対応で評判の刑事弁護士

Aさん(58歳・建築会社経営)は,福岡県筑紫野市のコインパーキングを利用した場合,車止めロック板を車のタイヤで踏み倒し,駐車料金を支払うことなく出庫させていました。
Aさんのこの行為は,車止めロックは破損させ,その後,そのコインパーキングは正常に利用できなくなってしまいました。
コインパーキングを営むV会社は,Aさんが車止めロック板を踏み倒し出庫するところ防犯カメラで確認したことから,110番通報しました。
Aさんは,通報によってかけつけた福岡県筑紫野警察署の警察官によって威力業務妨害罪の容疑で逮捕されました。
(フィクションです)

威力業務妨害罪は,刑法234条において,威力を用いて人の業務を妨害した者は3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処すると規定されている犯罪です。
被害者の自由意思を制圧するに足りる勢力であり,業務を妨害するに足る行為であった場合,現実に被害者が自由意志を制圧されていなかったとしても,威力業務妨害罪に問われることが一般的です。
上記事例のAさんは,この威力業務妨害罪の容疑で逮捕されています。

何度か記事に取り上げている通り,逮捕後引き続きなされる身体拘束を勾留といいます。
勾留という長期の身柄拘束を受けてしまうと,仕事や学校などの社会生活に支障が生じる方がほとんどです。
会社を経営されている方の場合,経営者がいないことは,会社,従業員に多大な迷惑をかけることも多いです。。
上記Aさんも会社経営者ですから,勾留されてしまうことは,Aさん自身はもちろん,Aさんの会社やその従業員,取引先にダメージが及ぶおそれがあります。
勾留を回避するためには,逮捕後に少しでも早く,身柄解放の弁護活動を開始することが重要です。
威力業務妨害事件は,損害が発生していたとしても,量刑で執行猶予が付されるケースもみられる犯罪です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,刑事事件専門の法律事務所です。
深夜や土日の逮捕に備え,弊所は365日24時間お問い合わせを受け付けております。
弁護士が警察署など留置施設まで,接見(面会)に駆けつける,初回接見サービスも行っております。
また、初回無料にて,法律相談も行っております。
威力業務妨害事件など暴力事件,逮捕でお困りの方は,弊所0120-631-881までご相談ください。
福岡県筑紫野警察署 初回接見費用 36,800円

東京都台東区の飲酒傷害事件で逮捕 執行猶予中の事件に強い弁護士

2018-02-19

東京都台東区の飲酒傷害事件で逮捕 執行猶予中の事件に強い弁護士

東京都台東区在住のAさん(30代男性)は、繁華街で酒に酔って泥酔状態で通行人と喧嘩になり、相手側に怪我をさせたとして、傷害罪の疑いで、警視庁下谷警察署に逮捕されました。
Aさんは、以前に万引き窃盗事件で「懲役1年執行猶予3年」の判決を受けていたところ、今回の喧嘩傷害事件は「執行猶予中の犯行」に当たります。
今後のAさんの刑事処罰が心配になったAさんの家族は、刑事事件に強い弁護士に、まずはAさんとの接見(面会)に行ってもらえるよう、初回接見依頼をしました。
(フィクションです)

~執行猶予中に再び犯罪を起こした場合~

以前に執行猶予付きの判決を受けた者が、再度の犯罪行為をした場合には、執行猶予が取り消される可能性があります。
執行猶予が取り消されると、以前の判決の懲役刑が効力を発して刑務所に入ることになるとともに、さらに合わせて、再度の犯罪行為の刑罰をも受けることとなります。

再度の犯罪行為が「懲役刑や禁固刑」判決となった場合には、必ず以前の執行猶予は取り消されます。
他方で、再度の犯罪行為が「罰金刑」判決となった場合には、検察官が裁判所に執行猶予取消請求をして、裁判官により以前の執行猶予が取り消される可能性があります。
この場合、「以前の犯罪行為」と「再度の犯罪行為」が同種の犯罪であるかどうかは、執行猶予取消とは関係がなく、全く別種の犯罪であっても執行猶予の取消しがなされます。

執行猶予中の傷害事件で刑事弁護の依頼を受けた弁護士の弁護活動としては、執行猶予取消しを回避するために、被害者との示談交渉などを行うことにより、不起訴処分の獲得を目指す活動が考えられます。
仮に罰金刑判決が出てしまった場合であっても、検察官に対して執行猶予取消請求を行わないように求めるなど、積極的に弁護士側から働きかけていく弁護活動が考えられます。

東京都台東区の執行猶予中の傷害事件でお困りの方は、刑事事件を専門に扱っている、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の評判のいい弁護士にご相談ください。
警視庁下谷警察署の初回接見費用:3万7,000円

令状無しで逮捕される要件は?【岸和田市の傷害事件で準現行犯逮捕】

2018-02-18

令状無しで逮捕される要件は?【岸和田市の傷害事件で準現行犯逮捕】

Aさんは、友人Vと大阪府岸和田市の路上で口論となり、Vさんの顔面を素手で数発殴って逃走した。
Vさんからの通報を受けた大阪府岸和田警察署の警察官が現場付近を捜索していたところ、現場から約500m離れた公園にTシャツに血が付いたままのAさんが座っているのを発見した。
怪しいと感じた警察官は、「Aさんですか?」と声をかけたところ、Aさんが逃げ出したため、約100m追跡後その場で逮捕した。
(このストーリーはフィクションです)

~準現行犯逮捕の要件と逮捕後の流れ~

今回のケースでは、逮捕状を被疑者に提示すること無く逮捕しています。
本来、不当な身柄拘束を抑制するため、逮捕をする際には裁判所が発布する逮捕令状を被疑者に提示する必要があります(令状主義)が、例外的に逮捕令状無しでの逮捕が認められる場合があり、その1つに準現行犯逮捕があります。

準現行犯逮捕とは、罪を行い終わってから間がないと明らかに認められる場合に、被疑者を現行犯人とみなして身体を拘束することです。
準現行犯逮捕の要件としては、
①犯人として追呼(ex.泥棒と呼ばれながら追いかけられている)とき
②盗品や犯罪に使用したと思われる兇器(ex.血の付いたナイフ)を所持しているとき
③身体又は衣服に犯罪の顕著な証拠があるとき
④声を掛けられて逃走しようとするとき
があり、今回のケースは、③と④に該当することになります。

上記の要件に当てはまる場合、準現行犯逮捕が認められることになりますが、準現行犯逮捕は逮捕時に裁判官から違法な逮捕か否かのチェックが入らない為、誤認逮捕などに繋がる可能性が高くなります。
もし、誤認逮捕などで不当な身柄拘束を受けてしまった場合は、刑事事件に強い弁護士に依頼し、早期の身柄解放や冤罪であることを主張してもらうことが、不当な刑罰や身柄拘束を避けることに繋がります。
ご家族が身に覚えのないことで逮捕されてお困りの方は、刑事事件に強い弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談下さい。
大阪府岸和田警察署初回接見費用 39,600円

愛知県西尾市の殺人事件で情状酌量を目指す~刑事事件に強い弁護士

2018-02-17

愛知県西尾市の殺人事件で情状酌量を目指す~刑事事件に強い弁護士

愛知県西尾市に住む女性Aは,幼いころより実父Vから性的虐待を受けていました。
そうした中,Aは職場で思い人が出来たためについにVからの性的虐待を拒否しました。
それに激高したVは,Aを監禁しました。
監禁と性行為の強要に対しAは我慢できず,手元にあったコードでVを絞殺してしまいました。
(1973.04.04最高裁判決を基にしたフィクションです。)

まず,Aに殺人罪が成立した場合,死刑又は無期若しくは5年以上の懲役が下されることになります。
今回の件では,Aの行為に殺人罪が成立することに争いはありません。
しかし,Aは幼いころより実父から性的虐待を受け,それを我慢しており,最後に思い余って殺人に至っています。
このような場合,Aには情状酌量の余地があるといえるでしょう。

情状酌量とは,刑事裁判において,同情すべき犯罪の情状をくみ取って,裁判官の裁量により刑を減軽することを言います。
情状酌量は様々な事由を考慮して決定されますが,例としては以下のような基準があります。
・犯行の動機や事情
・犯行の態様
・犯行後の態度、状況
・反省の態度

弁護士と一緒に犯行の前後の行動や状況を検討し,情状酌量に影響を与えそうな事情を裁判官に主張することで,罪の減軽や執行猶予を得ることが可能になり得ます。
今回のAの場合であれば,
・実父からの長年の性的虐待があったこと
・犯行の様態も著しく残酷でないこと
などがあり,情状酌量の可能性が高いと思われます。

Aのように殺人事実自体に争いがなくても,弁護士と事情を主張・立証することで依頼者の方に有利なように働きかけることができます。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件専門の弁護士事務所であり、これまで多くの依頼人の身柄解放や罪の減軽を実現しています。
殺人容疑で逮捕されてお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
愛知県西尾警察署までの初回接見費用:39,900円

三重県熊野市の暴行事件 地方公務員の刑事事件にも評判の弁護士

2018-02-16

三重県熊野市の暴行事件 地方公務員の刑事事件にも評判の弁護士

地方公務員として働くAさんは、お酒を飲んだ後、三重県熊野市にある自宅へ帰宅する際に、駅のホームでVさんと喧嘩になりました。
Aさんは、駅員の通報によって駆けつけた三重県熊野警察署の警察官に、暴行罪の容疑で逮捕されました。
Aさんの妻は、三重県熊野警察署の警察官から、Aさんが逮捕されたと電話がかかってきたことから、Aさんがクビにならないように、刑事事件で評判の良い弁護士に相談することにしました。
(フィクションです)

~暴行罪~

暴力行為・暴行行為をしてしまった場合、暴行罪若しくは傷害罪に問われる可能性があります。
一般的に、相手方に怪我がなければ暴行罪、相手方に怪我が生じれば傷害罪の罪に問われうるとされています。

暴行罪:刑法208条 2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料
傷害罪:刑法204条 15年以下の懲役又は50万円以下の罰金

~地方公務員が刑事事件を起こしてしまったら~

地方公務員刑事事件を起こしてしまった場合、Aさんの妻が心配しているように、刑事事件の結果次第では、クビになってしまう可能性があります。
地方公務員法では、禁固以上の刑に処せられた場合=死刑、懲役刑、禁錮刑の有罪判決を受けた場合、地方公務員は判決確定時に失職するとされています(地方公務員法28条4項、16条2号、28条2項2号)。
たとえ執行猶予がついた判決であっても、失職してしまいます。
また、地方公務員刑事事件に関して起訴された場合は、休職となります(地方公務員法28条2項2号)。
これらの退職・休職については、退職金の支給や休職中の給与の支給はありません。
なお、禁固以上の刑以外である罰金刑などの有罪判決の場合、懲戒処分(地方公務員法29条1項)の内容については地方公共団体ごとに異なります。

これらのことからも、地方公務員が、暴行行為を行ってしまった場合、被害者の方と示談をするなどして、不起訴獲得を目指す弁護活動を迅速に行うことが重要となることがお分かりいただけると思います。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の法律事務所です。
弊所の弁護士は、刑事事件専門の弁護士として、迅速な弁護活動を行います。
地方公務員による暴行事件でお困りの方は、弊所お問合せ用フリーダイヤル0120-631-881までお電話ください。
三重県熊野警察署 初回接見費用:お電話でご案内いたします)

東京都稲城市の逮捕対応の弁護士~脅迫と恐喝の違いは?

2018-02-15

東京都稲城市の逮捕対応の弁護士~脅迫と恐喝の違いは?

Aさんは、東京都稲城市の路上を歩いていたVさんに対し金を出せと脅迫し、現金を奪って逃走した。
後日、警視庁多摩中央警察署の捜査により、Aさんがこの恐喝事件の容疑者であることが浮上し、逮捕された。
Aさんの家族は、以前Aさんが脅迫罪で逮捕されていたことから、恐喝罪脅迫罪の何が違うのか知りたいと思い、刑事事件専門の弁護士に相談することにした。
(フィクションです)

~恐喝罪と脅迫罪の違い~

恐喝罪は、「人を恐喝して財物を交付させた者は、10万円以下の懲役に処する」と刑法249条に規定されています。
恐喝」とは、脅迫又は暴行を手段とし、その反抗を抑圧するに至らない程度に相手方を畏怖させ、財物の交付を要求することをいいます。
恐喝罪の基本的な構造は、「恐喝行為→畏怖→交付行為→財物の移転」という流れになります。
既遂時期(犯罪成立時期)は、恐喝の行為者又は第三者が財物を領得した時点となります。
そして、恐喝未遂罪も処罰されます。

一方で、脅迫罪は「生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する」と刑法222条に規定されています。
脅迫」とは、相手方又はその親族の生命・身体・自由・名誉又は財産に対して害を加える旨を告知することをいいます。
脅迫罪の既遂時期(犯罪成立時期)ですが、被害者に現実に恐怖心が生じたことは必要なく、害悪が相手方に知らされれば、その時点で既遂となります。
そして、脅迫未遂罪の規定はありません。

恐喝罪で起訴され裁判になった場合、前科の無い者でも1年8月の実刑判決になったことがあります。
それだけ重い犯罪ということですから、恐喝事件を起こしてしまったら、すぐに弁護士に相談することが望ましいでしょう。
東京都稲城市の恐喝をはじめとする暴力事件でお悩みの方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご連絡ください。
暴力事件をはじめ、刑事事件・少年事件の経験豊富な弁護士が、誠意を持ってお客様に対応いたします。
0120-631-881では、電話代は無料24時間体制でご相談予約を受け付けておりますので、まずはお電話ください。
警視庁多摩中央警察署までの初回接見費用:37,200円

【事後強盗罪に強い弁護士】再度同じ家に窃盗へ行って脅迫したら…

2018-02-14

【事後強盗罪に強い弁護士】再度同じ家に窃盗へ行って脅迫したら…

Aさんは、大阪市西淀川区にあるVさんの家に盗みに入り、誰にも見つかること無く財布を盗み、約1kmの公園まで逃走した。
財布の中身を確認すると3万円しか入っていなかったため、約30分後にAさんは再度Vさん宅へ行った。
Aさんが再度Vさん宅に侵入しようと玄関のドアを開けたところ、Vさんが中にいたため逃走したが追いかけられた。
Aさんは持っていたナイフをちらつかせてVさんを脅し、Vさんが怯んだすきに逃走したが、後日、大阪府西淀川警察署事後強盗罪の容疑で逮捕された。
(最判平成16.12.10を参照したフィクションです)

~事後強盗が成立するためには~

事後強盗罪は、窃盗犯が盗んだ財物を取り返すことを防ぐため、または逮捕を免れるためなどの目的で暴行脅迫を行った場合に成立する犯罪です。
今回のケースのように、窃盗行為と暴行・脅迫行為が場所的・時間的に離れている場合でも、事後強盗罪に問われるか否かについて考えてみたいと思います。

事後強盗における暴行・脅迫は、暴行行為が窃盗の機会に行われていることが必要です。
そして、窃盗の機会になされた暴行といえるかどうかについては、窃盗行為と単に時間的・場所的に近いかどうかだけではなく、窃盗行為との関連性の強さによって決まるとされています。
そのため、過去の判例では、窃盗の現場から約1km離れた場所で、窃盗行為から30分経過していたにも関わらず、被害者に盗んだものを取り返されそうになり暴行を加えた事例で事後強盗に当たるとしたものもあります。

今回の事例の元となった判例では、
①Aさんは最初の窃盗行為の後、誰からも発見、追跡されること無く犯行現場を離れた状態である程度の時間を過ごしていること
②そのため、被害者等にすぐさま盗んだ財物を取り返されるという状況にない
という点で、Aさんの脅迫は最初の窃盗との関連性は低く、事後強盗罪には当たらないとされました。

窃盗の際に被害者や逮捕しようとしてきた第三者に対して暴行や脅迫をしてしまうケースは多いですが、それが強盗罪や事後強盗罪に当たるかどうかの判断は難しく、もし強盗罪や事後強盗罪に問われると、重い刑罰が科されます。(5年以上の有期懲役)
必要以上に重い刑罰を避けるためには、裁判官や検察官に対しきちんと事実を主張することが大切ですし、そのためには弁護士による弁護活動が必要となります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、不当に事後強盗罪の容疑をかけられてしまった方のご相談もお待ちしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
大阪府西淀川警察署の初回接見費用 35,000円

示談できない時も弁護士に相談!北九州市の公務執行妨害事件で逮捕なら

2018-02-13

示談できない時も弁護士に相談!北九州市の公務執行妨害事件で逮捕なら

福岡県北九州市に住むAは、近所の住民とゴミ出し方法を巡り道端で口論を交わしていたところ、苦情処理のため臨場した福岡県折尾警察署の警察官に対して、その態度に腹を立て殴る蹴るなどの暴行をはたらいた。
その後、Aは公務執行妨害罪の疑いで現行犯逮捕され、警察署まで連行されてしまった。
Aは、初犯であり、今回の警察官に対する行為について深く反省し、Aの夫を身元引受人として釈放を許され、今後は在宅で捜査が行われることとなった。
A夫妻は、相手が警察官であっても示談は可能なのか、ダメだとしてもなるべく減刑を求めたいと思い、刑事事件を専門とする法律事務所を訪れ、弁護士に相談をすることにした。
(フィクションです。)

公務執行妨害罪は、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金という法定刑である、決して軽くはない犯罪です。
今回のAは、苦情の処理のため臨場した警察官に対し、殴る蹴るなどの暴行を加えてその職務の執行を妨害し、公務執行妨害罪の疑いで現行犯逮捕されています。

公務執行妨害罪の成立に争いがない場合、まずは弁護士を通じて被害者への謝罪・被害弁償及び示談交渉を行うことが考えられます。
しかし、警察などの捜査機関は一般的に、公務執行妨害事件については、基本的に示談には応じず、また交渉もしてくれないとの実情があります。
そのため、示談交渉による不起訴処分の獲得はかなり難しいものと思われます。
そのような場合であっても、正式な公判請求を防ぎ、軽い罰金刑で済ますことを求める弁護活動も十分に可能です。
たとえば、示談の経緯を書面で残すことにより誠意をもって被害回復に努めたことや、贖罪寄付、情状証人による嘆願などの情状弁護により減刑を求めることが考えられます。
示談ができない場合でも減刑を求めることは十分に可能ですので、刑事事件を専門とする弁護士に自身の弁護活動を依頼されることをお勧めします。

福岡県の公務執行妨害事件にお困りの方は、刑事事件専門の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
弊所の弁護士が、刑事事件専門だからこその知識と経験で、公務執行妨害事件等、示談の難しい刑事事件についても、丁寧な活動を行っていきます。
まずは初回接見サービス初回無料法律相談からご利用ください。
福岡県折尾警察署への初回接見費用:4万200円

« Older Entries